栗アンティークのフローリング

2017-12-15

 

【栗アンティークのフローリング】

館山地区の現場では、天井や床下地の作成から断熱工事へと進み
フローリングを張り始めました。

今回使用するのは「栗アンティーク」です。
栗はとても硬く、水や湿気にもよく耐える樹種の一つなので、
当社でも選択されるお客様が非常に多い人気のフローリングです。
また、アンティーク調に仕上げてあるので
少しくらいの傷ならあまり目立たないことも人気の理由でしょうか。

床材は大きく分けると「無垢フローリング」と「複合フローリング」があります。
それぞれに長所と短所がありますので、どちらが良いというのは難しいものです。

さらに、床材は部屋の印象を大きく左右する一方で、
なかなか変えたくてもそう簡単には変えられないものです。
そして、一番体に触れる機会が多いのも床材ですので
家づくりの際にはじっくりと検討してみてはいかがでしょうか。