現場進捗状況

2018-11-19

 

現場進捗状況

先月末に上棟した鴨川地区の現場は、内部、外部共に順調に工事が進んでいます。
屋根工事も完了し、だんだん外部の形が見えてきてカッコイイです!

内部は床下に断熱材が敷き込まれ、床仕上げ材の下地となる合板を張っています。
この後は壁や天井に発泡ウレタンの断熱材が充填されます。
外部は玄関サッシや窓が取り付けられ、防水シートもしっかりと張られています。
引き続き、外壁材の下地を取付け、外壁工事へと進んでいきます。

これからどんどん仕上がって行くのが楽しみですね。スタッフ一同ガンバリマス!!
 

 

基礎工事完了

2018-11-10

【もうすぐ上棟です】

10月下旬より工事が始まっていた北条地区の現場は基礎工事が完了しました。
基礎の仕上がりもきれいです!

こちらの現場もカリフォルニアスタイルの平屋です。
オーソドックスな切妻屋根のカリフォルニアスタイルですが、
外壁をラップサイディングではないものを提案中です。
採用されれば違った表情のカリフォルニアハウスになるので乞うご期待です!

上棟は11月下旬です。
構造見学等、ご希望がございましたらお気軽にお問い合わせください。

info@firsthome9544.com

ワックス仕上げ

2018-11-06

【ワックス仕上げ】

こちらの写真は現在進行中の笠名地区の現場のキッチン前カウンターです。
通常キッチン前の腰壁はクロス仕上げの場合が多いのですが、
今回は板張りを採用しました。
また、使用した材はヴィンテージ感を出すために杉の古材を、
さらに、仕上げにはブラウンのワックスです。
ワックスは通常の塗料に比べ、艶感が出るのが特徴です。とてもいい感じです!
これから使用していくうちに、経年による味わいがの変化が楽しめるのも板材の良いところですね。

 

現場進捗状況

2018-10-13

【現場進捗状況】

現在進行中の笠名地区の現場では外部工事同時に進んでいます。
外壁工事は9割ほど張り終え、この後は外部塗装工事へと進んでいきます。
ブラックとミディアムブラウンで張り分けられた外観は
オーソドックスではありますが、やっぱりカッコいいですね!

内部は大工工事が大詰めを迎えていますのでまた進捗状況をお伝えします。

現場進捗状況

2018-09-29

 

現場進捗状況

先月初旬に上棟した笠名地区の現場は、順調に工事が進んでいます。
壁や天井にボードが取り付けられ、徐々に部屋が形となってきました。

こちらの現場、リビングが吹き抜けていて、勾配天井になっているので、広々とした空間になっています。
今回、その勾配天井の仕上材に合板を採用しました。
最終的にダークブラウンで塗装する予定となっています。仕上がりが楽しみです!

また、床材の施工も同時に始まっています。
リビングで使用されるのは150mm巾のなぐり加工された栗の無垢材です。
弊社では今回初めて使用するフロア材で、とても重厚感があります。こちらも張り上りが楽しみです。

工事はまだ中盤戦ですが、完成までスタッフ一丸で形にしてまいります!!

アイアンの物干し

2018-09-22

アイアンの物干し

こちらの写真は先月に建物のお引き渡しが完了した千倉地区の現場です。
お施主様より「アイアンのハンガーパイプをつけてほしい」との要望があり、
特注していたものが出来上がりましたので、本日取付をしました。
非常にカッコいいです!!
今回はドライルームに物干し用として作成しましたが、
リビングに取り付けて植物を吊るしたりしてもオシャレです!
色々とアイデアが膨らみます

現場進捗状況

2018-09-08

 

【お引き渡し間近です】

6月に上棟した長須賀地区の現場はお引き渡しまであとわずかなところまできています。
照明器具や設備器具の設置も終わり、細かい工事を残すのみです。

リビングには弊社では定番になりつつあるミディアムブラウンのヘリンボーンの壁面、ルーバータイプのクローゼットドア。
ルーバードアはホワイトが多かったですが、今回採用されたブラウンもカッコいいですね!
また、造作洗面は木のカウンターに正面部分は人気のランタン型のタイル。オシャレです。

残りわずかですがお引き渡し細心の注意を払っていきます!!

 

モノトーン

2018-08-23

 

【モノトーン】

4月に上棟した高井地区は、お引き渡しが完了しました。
以前のブログでも紹介させていただきましたが、内装は徹底的に「モノトーン」です!
室内ドア、マガジンラック、鉄骨手すり、階段、家具などなど。
モダンな内装でモノトーン好きには堪らない仕上がりになっています!!

モノトーンというと「無機質感がありスタイリッシュ」なイメージを一番に浮かべると思いますが、
少しアレンジすることで様々なテイストのインテリアに調和させることができますよね。
床をナチュラル系にして、グリーンやブルーグレーなのど差し色を使えば北欧テイストに、
また、床をダークブラウンにして、レンガ調のものを取り入れればインダストリアルな雰囲気に。

「モノトーン」って万能ですね。

カリフォルニアスタイルの家 お引き渡し完了

2018-07-18

【お引き渡し完了しました!】

2月に上棟した富浦地区カリフォルニアスタイルの家、無事にお引き渡し完了しました。
外装は以前にも紹介した通り、グレーのラップサイディング。
カバードポーチのデッキは木の経年変化を楽しむためにクリア塗装で仕上げています。

ご家族がくつろぐリビングは広々として、なおかつ上部が吹き抜けているので開放感は満点!!
そしてなんといっても存在感抜群の暖炉がカッコいいです。
その他にも奥様こだわりのキッチンや、ご主人の趣味であるサーフボードの収納スペースなど、
見どころは満載です。

この後外構工事も始まる予定ですので、外構が完了したら
施工事例にも掲載させていただきますのでお楽しみに!!
 

 

タイル張りの床

2018-06-25

 

【タイル張りの床】

先日、床暖房の敷き込みが完了した千倉地区の現場は、
その後の大工工事が一旦完了し、床タイルの施工が始まりました。
リビング全面タイル張りのフロアです!!
最近は技術がすすみ、タイル調のクッションフロアやフロアタイルなども
本物と見間違うほどのものになってきていますが、
やはり本物の質感は素晴らしいですね!
縦横の目地幅もきっちり揃っていて左官屋さんの技術もすごいです!

この後は天井と壁を仕上げ、各種住宅設備を設置する流れになります。
お引き渡しまであともう一息!より一層気を引き締めてガンバリマス!!